1. TOP
  2. お知らせ
  3. モニグロの取材に行ってきました!

モニグロの取材に行ってきました!

広島でサバゲーサークルとして活躍されている「モニグロ」さんのところに取材に伺いました!
サバゲーなんて初めて見学するので、いったいどんな世界なのか、ドキドキしながら事前にWikipediaとアニメで予習するはむこ・・・。

※参考文献
さばげぶっ!
青春×機関銃
Wikipedia

その日は広島市安佐北区にあるサバイバルゲームフィールド「広島アルム」で定例会が開かれていました。

午前の戦闘(笑)を終えてフィールドから出てこられたモニグロ代表の金輪さんに、お話を伺いました。

サークルを作ったきっかけは?

僕はもともと姫路市から2年前に広島に転勤してきました。その頃は全く趣味みたいなものがなく、土日暇だなぁ…と時間を持て余してました。ある日友達2人でサバゲーサークルに参加してみたんですが、サバゲーをやっている人たちは大体数名のチームを組んでいて、僕らのような飛び込み参加者は、休憩中に隅でポツンと座ってることが多かったんですね。
何度か参加しているうちに同じような境遇の人らと仲良くなって、「ボッチでも飛び込みでも、楽しくサバゲーが出来るサークルを作りたい!」と考えて、仲間6名で、2015年5月にモニグロを立ち上げました。
現在はサークルの隊員は50名。毎月4~5人くらいのペースで隊員が増えていますね。

どんな人がサークルに入ってきますか?

4~5月の入部が一番多いですね。新年度になって新しく趣味を持ちたいという人もいますし、転勤・転居で広島にやってきてコミュニティに入りたいという人も多いです。
「サバゲー仲間がいなくて・・・」と、1人で参加される方もいますが、むしろそういう『サバゲー難民』の救済こそがモニグロ発足の目的なので、歓迎しています。

メンバーの方の年齢は何歳くらいですか?

社会人から学生まで、下は18歳~上は40代と幅広いです。一番多いのは20~30代。平均年齢は28歳くらいかな。
大学でサバゲーサークルやってる学生が、モニグロに参加してくれることもあります。

男女比は?

圧倒的に男性が多いです(笑)モニグロに所属している女性は今1名だけですね。けど、飛び込み参加では20代の女性が多かったりしますよ。他には女性だけのサバゲー団体と一緒にゲームすることもあります。男女混合チームに編成して戦ったりしますね。

皆さん、何をきっかけにサバゲーを始められるんでしょう?

若い人はゲームがきっかけって人が多いですね。年配の人は「ランボー」のような映画を観て影響受けたとか(笑)

皆さん凄い重装備ですが、初心者の人が参加する場合、どこまで準備したらいいんですか?

装備一式レンタルできるフィールドショップもあるので、最初お試しで参加したい場合、それで始められてみては。
2回、3回と参加するようになって、「あの人の装備カッコいいな」「もっと遠くを狙える銃が欲しいな」「ドイツ軍の制服でキメたいな」と興味が深まってきたら、少しずつ揃えていったらいいですよ。
こだわろうと思えば、ホントこだわりまくる人が多い世界なので(笑)頭からつま先まで合わせたら、車が買えちゃうってくらい装備に投資している人もいますから(笑)

サバゲーを続ける上で、どれくらいお金がかかりますか?

基本的に施設利用料(2,000~3,000円)と、グローブやゴーグルといった安全装備(数千円)、補充用BB弾といった消耗品くらいでしょうか。あとは装備にどれだけお金かけるかはその方次第です。Tシャツとズボンって格好で参加してる人もいますからご安心下さい。

銃の使い方も指導してもらったりするんですか?

サバゲーの楽しみ方って人それぞれで、スポーツ系(射撃スキルを高めたい)や装備系(カッコいい服装で軍人に成りきりたい)、等いろいろあるんですね。
銃の指導って敢えてこちらからしなくて、質問されたら教えるくらい。上手くならなきゃダメって押し付けみたいなことはせず、自分なりに楽しんでほしいから。
サバゲー団体によってそれぞれ特色(カラー)があって、あの団体は射撃訓練を重視しているスポーツ系だな、あの団体は●●軍の軍服に統一している装備系だなってあるんですけど、モニグロは良い意味で「色がない」ですね。

自主練したい人は、どうしたらいいですか?

タクティカルトレーニングっていう、基本的なガンの使い方等の基礎知識から、格闘訓練、戦術訓練、ラぺリングや野外でのサバイバル訓練など、戦闘に関する技術全般の練習する場があります。広島アルムのような施設でも定期的に開かれています。あと、「広島サバイバルゲーム向上委員会」というところが主催している『楽しみながらサバゲー技術を高めよう!』というイベントもあったりしますよ。

どれくらいで上手になりますか?

個人差はありますけど、初心者の方が毎週参加して、上達されるのに半年くらいはかかりますね。ベテランさんと言われる人は、それこそ10年単位でサバゲーやってる方もいますので(笑)技術的にはもう軍人そのものですよ。

社会人の方が多いと思いますが、どれくらいの頻度で参加されていますか?

けっこうまちまちですね。毎週日曜日必ず参加される方もいますし、平日仕事終わりに夜戦に参加される人もいますし。皆さん自分のペースで活動されてます。

サバゲーを始めて、何が一番変わりましたか?

友達が増えた!これに尽きます(笑)サバゲーから知り合った人が300名近く、LINEの友達も100名近くいるようになりました。京都の団体さんとやり取りしてゴールデンウィーク中に遠征行ったり、逆に四国の団体さんに広島に遊びに来てもらって一緒にゲームしたり。交流も広がりました。

モニグロを運営するうえでのポリシーやこだわりは?

サバゲーのゲームってそもそも、当たったら痛いBB弾をお互い撃ち合う遊びじゃないですか。信頼関係を持ってないと成立しないゲームなんですね。BB弾に当たったら『ヒット』と言って、フィールドから退散しないといけないルールなんですが、なかには知らんぷりしてゲーム続行する『ゾンビ行為』をする人もいます。そんなルール違反を何度もする人って、周りから不信感を持たれて次第に相手にされなくなるんですよ。
基本的に、社会性のある方でないとサバゲーは楽しめないと思います。
モニグロでも、変な人が入隊するのを防ぐために、3回くらいお試し参加をしてもらって、お互い打ち解けたらチームに入ってもらうようにしています。

最後に一言お願いします!

多様なプレイスタイル、知識を持ったメンバーが多数在籍しておりますので初心者の方には心強いサポートになると思います。また、アクティブ率も非常に高く、チームとしての参加人数は毎週少ない時でも10人は集まっています。
今から始めたいサバゲー初心者の方、お座敷シューターでサバゲしてみたい方、サバゲー仲間が少なくて一人じゃ参加しにくいと感じている方などを「サバゲー難民」と呼び難民を救済する事を通じて広島のサバゲを盛り上げる事がチームの目標です!一度ゲームでご一緒しましょう!!

基本情報